Posted by at

2014年10月26日

それを見越して、幹事をサポートする側につきましょう。

3.女の子の隣をキープし、酔うまで酔わせる。
この時、女の子によっては飲める量も酔う量も全然違うので、無理強いして飲ませるのは禁物です。
飲めない子はカクテル2杯ぐらいでも、相当ふわふわなので押せば五分五分でいけます。
逆に、強い子は飲むのに付き合ってほしい子が多いので、飲みたそうなら飲ませちゃいましょう。
気持ちよく飲めれば、そのあと気持ちよくなりたくなるものです。

でも最近は、「買う時に人に見られないため恥ずかしさを軽減できる」という理由で通販で買う人が、増えてきているそうです。(私もその口です)
でも、KKK超強力催情水通販で買う時は商品名が箱に書かれないサイトを吟味して利用するよう注意しましょう!
運悪く、同棲中の彼氏・彼女や実家の家族が受け取ったら、この上ない気まずさですからね。
次の飲み会に向けて、媚薬をこっそり準備してみては?  


Posted by sddfffgffd at 11:17Comments(0)

2014年10月26日

私は泣きながらシズを抱きしめた。

精力剤は、セックスの一時間まえくらいに飲む、と指示されているものが多いですが、セックスの前に飲む錠剤タイプで、薬ではないタイプの精力剤もあります。成分は、大体、ハーブやハーブや動物からのエキスです。中には、結構、効果が見られる場合もあるかもしれませんが、錠剤タイプなので、効果があらわれるまでに時間がかかりますし、胃袋でなかなか吸収されずらいものもあります。

これ以外、マカの成分を中心にした、一般的に手に入る精力剤の場合、特に飲む時間を指定していないものが多いようです。ただ、薬ではないので、直前に飲んでもすぐ効果が期待できるものではありません。
私は思わず涙を流していた。
と同時に、自分が恥ずかしくて堪らなくなった。
自分はなんてことをしていたんだろう、こんな純粋なシズに対して。
自分の欲望の為に親友に薬なんか盛って、あまつさえそれを利用して勘違いさせるなんて。
私は泣きながらシズを抱きしめた。

私はシズに全てを話した。
媚薬KKK超強力催情水を盛った事、シズに求めていた事、シズのその状態に関しての事。
シズはやっぱりよくわかってない顔をしていたけれど、それでも笑って許してくれた。
最後にシズはこういってくれた。
「じゃあこの薬が切れたときに、私が憧の事を好きだったらそれって本当の恋だよね」って。
もちろんそんなことはないと思うけれど、その言葉だけで私は救われた気がした。
媚薬はここに置いていこう。きっと私にはもう必要のないものだ。
そうして二人して帰路に着いた。  


Posted by sddfffgffd at 10:59Comments(0)